季節の進行と春のビッグバス

3月に入りぐっと春を感じる気温。

気温と水温は反比例しますね。2,3日、気温が高いといっても水の中(ブラックバス)は、まだまだ動けてない事が多いです。

1週間ぐらい暖かい日が続けば、やっとバスも動く(浅いレンジに)なかなか、そうも行かないかんじ。

ですので、まだまだ早い動きのルアーには追いきれるほどの元気ではないような感じがします。

なので、この時期に凄く使用するルアーはジャークベイト、スイムベイト、スピーナーベイト、スイミングジグ。

基本的にゆっくり動くルアー選びます。

次に意識する事はルアーのサイズ!

少し大き目のルアーを使いますね。

デカイバスは体力回復や産卵前ですからか、大き目のベイトフィッシュを意識してる事が多いと思うから。

ジャークベイトならレベルミノーやルドラ130spを使います。

スイミングジグではバレッジスイマーやism CARUERを愛用。僕の中でトレーラーのチョイスが大事!

信頼と安定、ビッグバスの捕獲率が高い

レイドジャパン フルスイング

スピーナーベイトではルアーのサイズ自体は小さ目になりますが、ブレードが付いてるの存在感抜群の強いルアーになりすまし、弱ったベイトの群れを意識して使えます。

スピーナーベイトも各社いろいろと有りますがゆっくりまいても、しっかりとブルブル感じるタイプを使います!

狙うポイントになりますが、深場に隣接する、岬やなだらかやブレイク。その先にシャローフラットが絡むポイントは最強の春の牧場です!

スイミングジグはスイムベイトに浮いて来れないバスを狙う感覚。深いレンジを引くスイムベイト感覚で使ってます。

季節の進行とともに、シャローに上がって来ますが、暖かい日が続いたといっても、いきなりシャロー!って感じはしません。3〜5レイドにサスペンドしてるヤツがベイトを捕食しに上がって来る事はありますが、常に居る事は少ないと感じます。

シャローに上がりたいけど、上がりきれないデカバス等はサスペンドしてる事が多く、大き目のベイトを狙ってる感じがします!

ここ最近はこの考えが当たり、ビッグバスを数多く釣る事ができてます👍🎶

あくまでも参考程度にして下さい〜🙇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。