スイミングジグ!

僕の中で一年間を通して、使えるルアーの一つがスイミングジグ。

皆さん使い方は、いろいろと有ると思いますが、僕は大きく分けると二つの使い方になります。

まず一つは、フットボールジグ的な横のアクション!フットボールジグの主なアクションは、ボトムバンピング、立ての動きやズル引きから、ストラクチャーに引っ掛け外しリアクションで誘う釣り方ただと思います。なので、立ての動き(アクション)でも、秋や、冬場等で、バスが散ったりミドルレンジでベイトを追って動いてるバスには、横の動きが効果的になってきます!

この様な時に、スイミングジグがめっちゃ効果的になってきます!

尚且つ、探るテンポも早くなり、散らばったバスを早く見つけれるメリットもあります。

二つ目の使い方は、スイムベイトのディープ的な使い方です!

単純にスイムベイトを沈めて使えば良いやん!と思いますが、実際、4~6mレンジを沈める事がストレスに感じるようになります。

スイミングジグのウエイトの調整でマックス8mレンジまで

ストレスなくトレース可能です!私は実際、早明浦ダムの秋から冬場にかけましては、10mまで狙ってます!

もう一つのスイミングジグのメリットは、根掛かりが非常に少なくなる事‼️スイムベイトだど、障害回避能力が低くなります。立木や、深いポイントの大岩等をタイトルに攻めれます。

現在のスイミングジグでは、ストラクチャーの回避能力の高い、ヘッド形状のジグが多く発売されてます!なので、おもっきり攻める事が可能です!

カバーに当てれるスイムベイトのようにも、使えるスイミングジグです!

波介川や、増水した時の早明浦ダムでは、ブッシュカバー等が多い場面で、スイムベイトが引けない時や、ブッキング率が悪い時には、スイミングジグの威力が発揮される場面です!スイミングジグには、ブラシガードも付いてるので、カバーにも強いし、ジグなのでブッキング率も高いですね。

表層近くを狙うには、5~7gのスイミングがオススメです。

カバーから、引っ張り出して誘ったり、オープンエリアで引き寄せて使う時等では、スイムベイトが効果的です。

スイムベイトや、フットボールジグでの、手の届かない、ポイント等狙う時にオススメなスイミングジグ!

秋から冬場には、最大のパワーを発揮されるスイミングです!

是非、今から使ってみてください!

冬場のバス釣りが楽しくなる、ルアーですよ!!

フォロースティック

フォロースティック ソルトインをゲット‼️

フォロースティック ソルトイン

ノンソルトは、最強のI字系❗
絶妙なフォールスピードとスイミングの安定性は流石フォロースティック❗⤴️

ソルトインでは、ソルトが入ってるため浮き上がりが遅く、少し早めにリトリーブ可能

グリーンパンプキン   スモークブラウン

ノンソルトでは見切られた、バスにはソルトインかな

ブラック  スカッパノン

イガラバもゲット⤴️
最近の早明浦ダムに最高のアイテム
フォロースティック ソルトインとの愛情は抜群ですわ

イガラバ イガチャター

あと、ダウンショットも良いですね✨

残念な事に、高知では売ってない…。
四国なら、香川県のアルティメイトワールドに有ります!

使い分けで、沢山のバスをゲットして下さい!

代行トレーラー車検、船舶検査

今回はボートオーナ様より、トレーラー車検及び船舶検査の代行を!

トレーラー車検では、荷台は何も乗ってないのが、トレーラー車検の条件。なので、一般的に車検を受ける際には大変ですね。

でも、私はトレーラーにボートを乗ったまま、オーナ様からトレーラーを預かり、車検を代行致します!

なので、オーナ様は何もしなくても大丈夫です。

今回もボートを乗せたまま、お預かりしました

アルミボートv12

今回の代行車検はアルミボートでしたが、フルサイズのバスボート(FRPボート)も代行車検可能です⤴️

ベアリングのグリスアップもしっかりと⤴️

ベアリングにグリスアップ

車検ついでに、ボートの船舶検査代行!

JCI小型船舶機構様と契約させて頂いてる場所で、船舶検査を受ける事が可能なので、すごくスムーズな検査!

船舶検査は事前に、小型船舶機構に検査の予約が必要です。なので、船舶検査を希望されるオーナ様は、事前にお問い合わせください。検査希望される5~10日前に、お問い合わせください。

今回は船外機4ストロークのオイル交換の以来を受けました。

オイル交換の、次いでにエレメントも交換!

オイルエレメント交換

新品エレメント交換完了!

エンジンオイル交換の際には、エレメント交換もオススメです!

次にギアオイル交換!

ギアオイル交換

ギアオイル交換の際には、鉄粉等の異変が無いかもチェック!

ペラにライン等の巻き付きや、ブッシングの滑りが無いかもしっかりとチェック!

たまにラインの巻き付きを発見する時もあります。ラインが巻きついたまま、走行を繰り返すと、ギアオイルに水が侵入するトラブルの原因になります。

重症の際には、ロアケースの交換になり高額な修理代金になりますので必ずチェック!

ラインの巻き付きもなかったです!

今回の以来は、トレーラー車検、船舶検査、エンジン各オイル交換の作業をさせて頂きました!

毎年のトレーラー車検は時間もかかり、まぁまぁ大変だと思います。そんな時には是非、お問い合わせください!

ホームページ、お問い合わせ欄からご連絡お願いいたします。お電話でも大丈夫です!

ホームページです↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホーム

何でもお気軽にご連絡下さいm(__)mm(__)m